Q&A‎ > ‎

1.日本人奨学金に関するQ&A


 Q1.現在海外の大学に留学しています。応募は可能ですか?

Ans. 海外在住者は応募対象外です。
当財団の方針として、国内から海外へ留学する学生を対象としております。

 Q2.今年の夏(秋)から留学しますが応募できますか?

Ans. 応募対象外です。
今年留学する奨学生は昨年中に決定しています。
当財団のプログラムは、すでに修士課程に留学している方向けではありません。

 Q3.まだ大学院に合格していませんが、応募できますか?

Ans. 応募可能です。
第一志望の大学院に合格することを前提に、応募していただくことになります。

 Q4.語学留学する予定ですが、応募できますか?

Ans. 応募対象外です。
1年以上2年以内の範囲で、修士課程の正規生として留学する方を対象としています。

 Q5.応募に際して準備しておく書類はありますか?

Ans. TOEFL、IELTSなどの語学力証明書、高校卒業後の成績証明書の原本などが必要です。
詳しくは募集要項をお読みください。
語学力証明書、成績証明書が締切に間に合わない場合でも、応募できる場合があります。
事前に事務局に許可を得てください。

 Q6.語学力証明書として提出する書類はありますか?

Ans. アメリカ、イギリス等の英語圏に留学される方はTOEFLまたはIELTSの成績を、
英語圏でない国に留学される方は、 公的機関による語学検定試験の成績証明書を提出してください。
→TOEFLやIELTSの成績は受験してから結果が出る迄に2週間~1ヶ月程かかりますので、
出願に間に合うよう余裕を持って受験されることをお勧めします。

 Q7.これからTOEFL を受けるのですが、結果が応募締切までに間に合いません。応募できますか?

Ans. 応募は可能です。ただし、代わりに提出していただく書類などがありますので、
募集要項の≪6 語学力証明書の提出上の注意≫を確認してください。

 Q8.TOEFLなどのスコアの基準はありますか?

Ans. 何点以上という具体的数値基準はありません。採否に関しては申請書類を総合的に判断しています。
→ただし、留学先での研究、あるいは生活に支障のない語学力は必要です。

 Q9.募集要項を直接取りに行ってもいいですか?また、願書を直接届けに行ってもいいですか?

Ans. 募集要項の請求はホームページまたは郵便でお願いします。
また、願書の提出は、郵送でお願いします(締切日の消印有効)。直接の持参は対象外となります。
→申請願書は信書になりますので、必ず郵便または信書便をご利用ください。
また、配達の確認は配達記録や簡易書留などをご利用ください。

 Q10.書類選考の結果、最終結果はいつ頃わかりますか?

Ans.書類選考の結果は、11月中旬頃。書類選考を通過した方に対して行う面接選考の結果(最終結果)は、12月下旬までにはお伝えします。

 Q11.私の大学には卒業論文がありません。どうしたらいいですか?

Ans. 大学で勉強してきたことを、箇条書きではなく、一つの短い論文としてまとめてください。

 Q12.どのような専攻分野の方々が採用されていますか?

Ans. 専攻分野は問いませんので、文系、理系、音楽系、美術系など様々な分野の方が採用されています。
→今後、社会に貢献する人材になっていく方であれば、どんな専攻分野でも構いません。


※その他、疑問点、ご相談がある場合には、事務局まで電話でお問い合わせください。